本漆ぬり箸のお手入れ、使い方について    

お箸の拭き漆仕上げが終わりましたのでお送りします。

私共の箸作り体験は 

”自分が使いやすい箸”を考える。”これなら使いやすい!”と判断する

”作る喜び・使う喜び”を感じる。 ”メンテナンス”をして長く使う

「考える」「判断する」「感じる」「長く使う」「味わう」五感体験です。

自分で作った箸は、ご飯がうまい~

マイ箸を使うたび、箸作りの思い出、安曇野の風景がよみがえり、自然を感じる毎日に!

マイ箸×ご飯で活力充電!不思議となんでも乗り越えられる気がする~\(^o^)/

 

拭き漆仕上げとは

生漆を数回繰り返し塗って乾燥させて仕上げる方法です。

お箸は漆の色である茶色になり、抗菌力がつき水をはじくようになります。

縄文時代から使われている漆は、樹木から採取する樹液なので身体にも安全です。安心してお使いいただけます

②漆器なので優しく手洗い

日本のお箸は、ほとんどが機械で作られています。木材を手削りし漆を塗るお箸はとても貴重な本物の箸です。

食器洗浄機は使わずに、ぬるま湯で優しく手洗いしてご愛用ください。

 

お箸の再塗装

最高の塗料と言われる漆であっても、箸の先端から少しづつはがれてきます。

下記写真のように先端が白くなって使い続けると、木地が傷み、かびが生えることがありますので、再塗装が必要です。

箸先

漆塗りのお箸が再塗装できることはあまり知られていません。また金額も高く買い換えてしまう人も多いのが現状です。

現在当社では、こちらで漆を塗ったお箸は、再塗装を無料で行っています。

※返信用封筒に切手を貼り、お名前、ご住所、お電話番号を記載して

下記の住所にお送り下さい。再塗装して約一ヶ月後に返送します。

ご近所の方は、持参して頂いても構いません。

 

「私ができるSDGs」目標12「つくる責任 つかう責任」

私共は1999年からエコのモノづくりを推進。2019年からは漆の再塗装を始めました。

木材を大切にして、地球にも身体にも安心・安全なお箸をお届けします。

マイ箸を持ち歩いてサステナビリティ(持続可能性)な生活を! (*^-^*)

 

送付先

あづみの木箸 あづみ野遊印 (有)えぞ彫工芸社 川口 

〒399-8102  長野県安曇野市三郷温5094-1

TEL:090-9831-3962 MAIL:ichiro@yuuin.com

往復の送料のみご負担下さい。

(スマートレター180円等でお送り下さい)