あづみ野遊印では、SHOPで販売するりんごの木箸、サクラの木箸

また、箸作り体験でのオプションで拭き漆仕上げをしています。(漆アレルギーの方は木固めエースにて塗装します!)

拭き漆仕上げとは、生漆を数回繰り返し塗って仕上げる方法です。

漆の色は茶色なのでお箸もその色になります。

これによりお箸は水をはじくようになり、木の中に浸透して固まった漆によりお箸そのものも頑丈になり長持ちするようになりますし、

さらに抗菌力まで備わります。カビもはえにくくなります。

 

あづみ野遊印では全国初の大サービスとして漆の塗り直しを無料で行います!

職人の川口が生きている間は、何回でも漆の塗り直しをします!

本人もあと20年は頑張って仕事をする!といっています!!

 

最高の塗料と言われる漆であっても、お箸は酷使するものなので先端から少しづつはがれてきます。

先端が白っぽくなってきているのに使い続けると、やがて木地が傷んでしまったり、かびが生えることがありますので、再塗装が必要です。

お箸を再塗装までするメーカーはあまりありませんし、あってもなかなか高額だったりしますが、当社では無料で行っています。

返信用封筒に切手を貼り、ご住所、お電話番号を記載してこちらに送っていただければ再塗装させていただきます。

ご近所の方はお電話のうえ、直接持参していただいても構いません。

 

漆の塗り直しは、「私ができるSDGsの取り組み!」として

目標12「つくる責任 つかう責任」の一環として行っておりますので是非ともご協力ください