<りんごのはんこはエコ!>

印材は、信州あづみ野リンゴの剪定された小枝です。

通常は燃やされたり捨てられたりしてしまうのですが、材質は硬く、きめの細かい木なのです。
そのりんごの枝をすべて手作業で十数工程をへて印材に・・・時間がかかる大変な作業です。

今ではSDGsと言われるようになりました。1997年よりエコのモノ作りをしています。

その小枝の断面の自然な形を生かして、世界にひとつしかないオリジナル印を手彫りにて製作しております。

<匠の技>

長野県商工会から信州の技の名品として信州匠選に選定されています。

安曇野の大王わさび農場を拠点に、実演販売も行っております。

<手作り! オリジナルの印章>

普通の印章店とは全く違い、「遊印」つまり、遊び心のある、楽しく使えるハンコを作りたい人のためのお店です。

書画の心得のある人は、一味違った落款として、手紙を良く書く人は、サイン代わりに、またビジネスマンの方も、名刺に捺して自分をばっちりアピールできちゃいます。

伝統的な落款、印章も良いですが、もっとはんこでいろんなこと出来ないのか?とあづみ野遊印の職人はいつも思案しています。

りんごの小枝に山野草を手彫りしたかわいい印材、干支印材、トールペイント印材等々
何十種類もありますので印材を選ぶのもまた楽しいですよ!

はんこについてよくある質問

<実用新案>

あづみ野遊印のりんごの木のハンコは、先代の川口桂一郎によって生み出され、平成12年に【実用新案】を取得しています。

いまデパートの催事などで、行われているりんごの木の遊印彫りは、「あづみ野遊印」が先駆けとして考案したものです。